フコク情報システム

FISがすぐにわかる5つのポイント

FISってどんな会社? 言いたいことはたくさんありますが、皆さんが一目でわかるようにFISを知るための早わかりポイントをまとめました。

保険とITのスペシャリスト

保険とITのスペシャリスト

フコク生命のIT構築と運用を一手に担うFISは保険契約管理やネットワークなどの基盤システムから、保険設計書のようなフロントシステムまで幅広く手がけ、生保ビジネスの経営戦略を力強く支援する存在となっています。こうした高いパフォーマンスを発揮できるのは、FISが“保険”のスペシャリストであり“IT“のスペシャリストであるからにほかなりません。保険とITの深い専門性が革新的かつ創造的なソリューションを生み出しています。

閉じる

Open, Flat & Flexible

Open, Flat&Flexible

FISが2002年の創業以来掲げ続けている行動理念が“オープン、フラット&フレキシブル“です。生命保険のシステムにおいて大切なのは安全であること。しかし保守的になりすぎては新しいテクノロジーや市場動向をキャッチする動きが鈍くなり、組織も硬直化する可能性があります。そこで「情報のオープン化」、「フラットな組織」、「挑戦のためのフレキシブルな発想」を常に持ち続けることを理念としました。これはFISの先駆的なITビジネス推進の原動力となっています。

閉じる

企画から運用までトータルソリューション

企画から運用までトータルソリューション

FISは、システムの企画から運用まで手がけ、トータルにソリューションを提供しています。システム開発は企画・要件定義といった上流工程から、システムの基本設計、詳細設計を経て、製造(プログラミング)、テスト・検証などの下流工程へと展開。そしてシステムのリリース後は、的確な運用による安定稼働を実現していきます。いずれのフェーズにおいてもユーザーニーズに応える高いスペシャリティを備えています。

閉じる

3社の確かなバックボーン

3社の確かなバックボーン

FISはフコク生命の情報システム部門を母体に、フコク生命、日立製作所、日本ユニシスの出資により誕生しました。保険ビジネスのプロであるフコク生命と情報システム開発のプロであるIT企業3社がタッグを組み、ITによる先進的な保険ビジネス支援を目指しています。フコク生命の枠を越え、日立グループ、日本ユニシスとのコラボによる新しいビジネス開拓も着々と進んでいます。

閉じる

人間味豊かで風通しのよい社風

人間味豊かで風通しのよい社風

FISの社風を表現すれば、人間味豊かで風通しがよいこと。職場を創るのも、改善・活性化するのも自分たちという考えのもと、全員参加型の職場環境作りが進められていることにも示されています。「提案箱の設置」や「ノー残業デー」、社員交流の活性化を目指し有志で創られた「Yondemina(ヨンデミーナ)」、有給休暇の取得率を高める「ニコニコ休暇制度」、感謝や感動を伝える「Star Card」などさまざまなプランが実行され、働きやすさ、居心地の良さを育んでいます。

閉じる

会社を知る

ページトップへ

Copyright(c) Fukoku information systems, All Rights Reserved.